Hudson Powell

LONDON UK

テクノロジーとグラフィックの両方を扱う事で、作品をインタラクティブにすることを得意としている。メディアを通して、コンセプチャルにまた戦略的にコミュニケーションを図る兄弟アーティスト。

兄弟であるハドソン・パウエルは、2005 年の 3 月に結成しました。大学を卒業後、デザイナーやアート・ディレクターとして働いた後、エキシビジョンやクライアントワークでない作 品により力を入れる為に、ハドソン・パウエルを結成しました。2 人は、セントラル・セ ントマーチンズのグラフィックデザインコースを卒業し、その後ジョディは、MSC をとるために Bartlett school of Architecture にて“視覚環境学”を学びました。

2 人のデザ インへの主義は、コンセプトとメディアの二つを主軸にすることです。現在ある技術から未来の技術への先見の目と伝統的なデザインの倫理を織り交ぜ、ハドソン・パウエルは、 スクリーンからプリント作品まで幅広い表現方法とプラットフォームを使って、作品を手掛けます。この方法を通して、今までに企業のブランディングや、ライブ・アクション、モーション・グラフィック、モデル作成、プログラムの開発、インタラクティブなインスタレーションなどを手掛けました。

[外部リンク]
オフィシャルサイト


AYT_ColVersion AYT colour version
編集者であるTerashima Ayakoさんのコーポレート・アイデンティティとウェブサイトを手掛けました。
soso_poster SOSO POSTER
HUDSON-POWELL TOKYO / SAPPORO 2005
EYOE_Logo Eat Your Own Ears
コーポレート・アイデンティティ, フォント・デザインやウェブサイトをコンサート・プロモーターであるEYOE(Eat your own ears)の為に手掛けました。
DominoCD Domino presents 'WORLDS of POSSIBILITY'
CD jacket。コーポレート・アイデンティティ, CD, フライヤー, ポスターそしてその他にロンドンで行われたDomino recordsの10周年記念の際に多種の広告やプレス媒体を手掛けました。
Forms Of Inquiry Forms Of Inquiry
Hudson-Powellは、“Forms Of Inquiry”というロンドンの建築専門大学AA(Architectural Association School of Architecture)とオランダのCasco Officeで開催されたエキシビジョンにてアート、デザインとセオリーが紹介されました。“Forms of Inquiry”では、グラフィック・デザインと建築両方に共通する特質の探究をしています。共通項として表れているし含まれているのは、近代的グラフィック制作をするにあたって何度も骨組みをするという衝動です。
HelloKitty Kitty's Wizard Mirror / Hello Kitty Secret House
私達は、香港で行われた“Kitty’s Secret House” というエキシビジョンの為にこの作品を開発してきました。 ARToolKitというリアリティー拡張ソフトを使って、私達はリアルタイムで撮影している姿に3Dの形や顔を乗せるという試みをしました。そうする事で、ビューアーは自分達の撮影した姿に抽象的な形をした色々な頭の形がのせられた姿を見ることができます。
Sibalom_artwork Forms Of Inquiry
Hudson-Powell とイラストレーターであるJethro Haynesは、Pointer Shoesから頼まれて、5種類のスケール・モデルのジオラマの制作をてがけました。その制作したものは、パリのColette, 東京のUnited Arrowsなど多くのショップで展示されました。

現在、商品はございません。